フォト
2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

リンク

私の本棚

  • 石井順治: 聴き合う つなぐ 学び合う 2011
  • 佐藤学: 教師花伝書
無料ブログはココログ

教室にて

2012年9月 7日 (金)

オープン・スペース

夏休みが終わって最初の一週間が終わります。
今日は金曜日。当然、授業日ですが、非常勤の私は「お役御免」の日。

9月に学校に出て驚いたのは、教室と廊下との間の壁が取り払われて、オープンになっていたことです。
建築当初から、「オープンスペース」の校舎として建築され、いたるところの「カベ」が可動式になっています。
しかし、私が着任した時は、ほぼ全ての「カベ」が従来の校舎と同じく「装着」された状態でした。
夏場は、こうやって少しでも風通しをよくしているのだと思いました。
オープンスペースの効能は単なる風通しではないことは周知のことですが、意外に、先生方には不評のようだと(私は勝手に)感じています。
しかし、こうやって、廊下と教室が一体化されると、自然と廊下を歩く子たちの歩き方も、前を通る教室を意識したものとなり、自然と静かになるようです。
他者を意識した行動が自然ととれるようになって、これはいいものだと感じました。
もちろん、教室の前後の壁はありますから、隣の教室がうるさくて・・・なんてことはほとんどありません。

そんな風通しがよくなった校舎ですが、今、学校中は運動会に向けての真っ只中にあります。
私も、水曜日は高学年の「組体操」の支援に入りました。
運動会の開催時期としては、私個人としては異を唱えたいですが、それでも、この運動会に向かう時期の学校の空気は嫌いではありません。
みんなが何かに向かっている時は、子どもたちは、たとえしんどくてもヘンに崩れたりしないものです。

2009年7月15日 (水)

個別懇談会

梅雨明けも間近かと思われる猛暑の中、個別懇談会の一日目でした。

38人中、今日は16人。

近頃は、夏休みに入ってから実施する学校が多い中、うちの学校は昔ながら(?)の短縮期間(半死語)にやっています。

授業時間数確保とか、何かとウルサいご時世に、いいのかな?なんて、気にもなりますが、それは管理職の方が考えて下さったらいいこと。
私たちは清々粛々と仕事を進めるのみですね。

明日は12人。
明後日は10人。

子ども、保護者の立場に立った物言いに気をつけつつ、やっていきましょうか。

(やっぱり携帯投稿です)

2009年6月29日 (月)

カブトムシ

モンシロチョウに続いてアゲハも全部飛び立っていきました。

そして、今日、教室で飼っていたカブトムシのサナギから成虫が脱皮していました。

子ども達の関心もカブト、クワガタへと・・・・。

夏ですね。

明後日、プール開きです。

2009年6月 6日 (土)

当て合いごっこ(バイキンごっこ)

長く忙しい一週間でした。

学校開放週間ということで、保護者さんが始終参観されてみえました。

それは別にいいのですが、気がつくと、なんとなく肩がこっていたり・・・なんてこともありました。

面白かったのは、授業よりも、けしろ給食時間の様子を楽しそうに見入られている親御さんが意外と多かったことです。お代わりの列や談笑しながら食べている様子をしげしげと見つめていらっしゃいました。

昨日は、前々日に発覚してきた「バイキンごっこ」みたいなことについて計三時間を費やして話し合いをしました。大幅な時間割変更でしたし、こういう内容は保護者の前では何かと難しい面もありましたが、そうも言ってられない状況だと判断しました。

一回の話し合いで問題が全て解消するわけではありませんが、こういうことの積み重ねが大事であると考えます。

ホンネで語り、辛さも、いけないことをやってしまった気持ちも共有して、自分を振り返って・・・その繰り返し・・・・。

その後の「アゲハの幼虫の観察」では、フンをする様子や臭いツノを出す様子に、みんな無邪気に歓声をあげて魅入ってました。

2009年5月25日 (月)

羽化

子ども達が持ってきたチョウの幼虫が先々週から先週にかけて次々とサナギになりました。

今朝、教室へ入ると、たくさん並んだプラスチック容器の中にモンシロチョウが6羽。

窓をいっぱいに開けて、放してやりました。

「バイバ~イ」と手を振る無邪気な子ども達。

小さい学年を受け持つと、こういう楽しい瞬間が一日に何度もあるのです。

2009年5月18日 (月)

出張前夜

今日は暑かったです。

胃腸風邪で二人の欠席がありました。

新型イン○ル○ンザではありません。

今日は、明日からの泊を伴う出張のための自習連絡と、その準備で忙しかったです。

そうそう、教室や廊下で飼育しているモンシロチョウの幼虫がどんどんサナギになっています。今日はアゲハの幼虫も仲間入りしました。

ホウセンカの苗も葉が増えてきて、教科書通りで行けば「もうじき植え替え」なんですが、学級園はあまりに狭く、ほとんど持って帰ってもらうことになりそうです。広い畑があればいいのですけどねぇ・・・・。

2日間、「やさしく」「助け合って」「(心の)スイッチの切りかえをちゃんとして」過ごすように話しました。

さて、どうなることやら????