フォト
2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

リンク

私の本棚

  • 石井順治: 聴き合う つなぐ 学び合う 2011
  • 佐藤学: 教師花伝書
無料ブログはココログ

« 音楽鑑賞 その2 | トップページ | 音楽鑑賞 その4(終) »

2013年7月29日 (月)

音楽鑑賞 その3

(前回の続きです)

 2曲目にえらんだ曲は、子どもたちに、このように紹介しました。

「次の曲は長い名前ですよ。(板書しながら)『こうきょうきょくだいごばん』作曲したのは『ベートーヴェン』という人です。」
 それから、
「この曲は、最初のところはとても有名で、たぶん、みなさん、聞いたことがあると思いますが、その続きも聞いている人は、あまりいないかも知れませんね。今日は、ちょっとがまんして、最初から7、8分のところまで、聴いてみましょう。全部聴くと30分以上あるのでね・・・。」
とも言いました。

 視聴した映像は、カラヤンが70年代にユニテル社で制作したものです。演奏はベルリン・フィル。
 実演ではありえない、様々なカットが目まぐるしく熱っぽく続きます。
 鑑賞中の子どもたちの様子を見ていて、ふっと思ったのは、この音楽が初めて演奏された時の聴衆はどんなだったのだろう?ということでした。
 子どもたちは、冒頭の「ダダダダーン」が何度も何度も、時には姿を変えて奏でられるたびに「またか!」という表情を見せました。
 例のオーボエのカデンツの部分では、ざわついていた子も、しぃぃぃぃ~んと黙り込まされる雰囲気がありました。
 第2主題では、なんとなく安堵の顔に見えたりもしました。
 音楽の変化に子どもたちは見事に対応していました。それは、なんとなく、昔々に初めてこの曲を耳にして戸惑い惹きつけられた聴衆の姿に通じるのではないか、とも思えました。

 以下は、子どもたちの感想から・・・

「はげしくて、みんなまじめそうでした。しき者の人が教頭先生ににていました。目をつぶっていました。急にはげしくなったり、ゆっくりになったりしてリズム感がありました。」

疑似ライブの不自然さを感じている子もいました・・・「・・・なんかミステリアスでした・」

第2主題との対比を感じているような子もいました・・・「・・とてもはくりょくのある曲でした。ひくい音やさわやかな部分もありました。・・・」

さて、3曲目に選んだのはピアノ独奏です・・・続く。

« 音楽鑑賞 その2 | トップページ | 音楽鑑賞 その4(終) »

授業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1353599/52654188

この記事へのトラックバック一覧です: 音楽鑑賞 その3:

« 音楽鑑賞 その2 | トップページ | 音楽鑑賞 その4(終) »