フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

私の本棚

  • 石井順治: 聴き合う つなぐ 学び合う 2011
  • 佐藤学: 教師花伝書
無料ブログはココログ

« 音楽鑑賞 | トップページ | 卒業式 »

2013年3月12日 (火)

学校のプラネタリウムを見る

ちょっと前の授業のお話てす。

 勤務校の理科室にはプラネタリウムの機器があります。
 いつだったか、6年生の誰かが「卒業するまでに、あのプラネタリウムを見たいなぁ・・」と言っていたのがずっと頭にあり、いつか見せてやりたいものだと思っていました。
 いや、「見せてやりたい」というのもありましたが「自分も見てみたい」という気持ちも、実はありました。
 それで、卒業も間近になった3月に入って、投影機などを引っ張り出して扱い方などを自分なりに「予習」してみました。
 操作は、思いのほか簡単で、これならすぐ出来ると確信しました。
 ところが、試しに投影してみて気づいたのですが、プラネタリウムを十分に味わうには、部屋をほぼ真っ暗にしなければ効果がないことも分かりました。
 それで、実際に見せる数日前から、授業前、昼休み、授業後などの僅かの時間をつかって、ぼちぼちと理科室の「暗室化」を進めました。
 外の光が入り込む古い暗幕は隙間だらけで、束ねた新聞紙などで隙間をふさいでいきました。

 子どもたちが授業でプラネタリウムを見た時間は、わずか15分足らずでしたが、北極星を中心にゆっくりと回転する「天空」を見上げて、子どもたちは何かを「感じ」てくれたでしょうか?
 本物のプラネタリウムみたいに「静寂の中、じっと星空を見上げる」みたいな予想は見事に外れて、真っ暗の中でちょっとはしゃいでしまった子もいましたが、それでも、「ふたご座はどこ?」「てんびん座はどれ?」などと口々に言う子どもたち、それなりに熱中して見入ってくれたのかな?とか思いました。

 正規の学習内容はもう終わっています。
 プラネタリウムを収納しながら、「知ることよりも感じることが大切」をテーマにした(やや独りよがりな)授業シリーズ、さて次は何にしようかと思案していました。

Dscn4584_500x229_2

Dscn4585_500x375_3

Dscn4587_500x375_2

« 音楽鑑賞 | トップページ | 卒業式 »

授業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1353599/50732322

この記事へのトラックバック一覧です: 学校のプラネタリウムを見る:

« 音楽鑑賞 | トップページ | 卒業式 »