フォト
2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

リンク

私の本棚

  • 石井順治: 聴き合う つなぐ 学び合う 2011
  • 佐藤学: 教師花伝書
無料ブログはココログ

« 2012年1月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年2月

2012年2月19日 (日)

1981年度

「1980年」の続きです。

1980年度は、本当に苦しい一年間でした。
後半は学校全体もなんか様子がおかしくなり、授業が成り立たないこともしばしばありました。
当時、灰谷健次郎の「兎の目」を読んでいて、実際の自分の置かれている状況とのあまりの違いに虚しささえ感じました。
現実は小説やドラマのようにはいかない。いや、前向きに何とかしようという意欲を起こすことが、当時の私には難しいことでした。

1981年度(昭和56年度)、私は小学校へ異動しました。
それは、私に訪れた、ある意味「ラッキー」な「リセット」でした。

当時、我が県には「委託生制度」というものがありました。
正式な名称は「小学校教員充実事業なんとかかんとか(?)制度」と言いましたが忘れました。
中学、高校の教員採用試験の不合格者対象に「小学校の教師を目指してみないか?」と呼びかけ、希望者を試験や面接で決まった人数に絞込み、小学校の講師として任用するものでした。
選ばれた者は、一年間、講師をしながら通信制大学で学び、小学校の教員免許状を取得しなければなりませんでした。
その費用は県が負担してくれました。
今は、そのような事業はないと思いますが、当時は、小学校教員の男女比の偏りを是正するための方策として、この制度があったようです。

私は、一年間の高校講師で壁にぶち当たり、かなり投げやりになっていました。
この際「小学校でもいいや」という気もあり、何より正規採用に向けて前へ進みたかった気持ちが強くありましたので、この制度に飛びつき運よく合格となりました。

こうして私は、教育実習もしたことない全く未体験の「小学校」という現場に4月からいきなり放り込まれ、3年生担任として働くことになりました。

(続く)

2012年2月12日 (日)

(映像で)プロの仕事に「出合う」

豆腐作りの次は、「I豆腐店のおじさんは、どうやって豆腐を作っているのだろう」ということになり、豆腐店での豆腐作りの様子をビデオで見ました。
これは相担任の若きOさんとIさんが休日の早朝、I豆腐店に出向いて取材してきてくれた映像です。
I豆腐店さんは毎朝4時から(給食などの大口注文のある日は2時から)豆腐を作っています。
夫婦お2人で、黙々と手際よく、しかし、ていねいに作業を進める様子が映像に捉えられていました。
私は、子どもたちが自分たちの豆腐作りと照らし合わせて見れるように、長い映像を編集しておきました。

大きくて古い釜、一瞬でドロドロに豆を磨り潰す機械、一面に浮かんでくる油揚げなど、子どもたちの目を惹く映像の連続でしたが、何よりも子どもたちが注目していたのは、Iさんができた豆腐を水の中で大きな「包丁」のようなもので見事に切り分ける所でした。
後日、Iさんには教室に来ていただき、子どもたちの質問に答えていただいたのですが、その時も、この「名人芸」についての質問がたくさん出ました。

映像を見た子どもたちは、自分たちの豆腐作りと「プロの仕事」を比較して、いろいろと心に沸き起こるものがあったようです。
私は、子どもたちが直接それをIさんに話すようにと、教室に来ていただくことをお願いしてきました。

本当は、早朝の豆腐店に身を置き、凍りつくような外気の中、あの湯気の立ち込める中、黙々と仕事を続ける姿を直接目にしてこそなのですが、早朝ゆえにやむを得ません。
10年以上前、「朝市」を題材に総合学習を展開した時は、「行きたい子」だけを午前3時に集めて、朝市の準備をしている現場に連れて行ったこともありましたし、山の向こうの炭焼き小屋へ「観たい」という子を連れて行ったこともありましたが、今のご時勢、そういうことは許されません。
いや、当時だってダメだったことです。太っ腹の校長が「よし」と言ってOKを出してくれたからできたことでした。

だから、今回は、あくまでも、ビデオ映像を通しての「出合い」ということでありました。

« 2012年1月 | トップページ | 2012年4月 »