フォト
2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

リンク

私の本棚

  • 石井順治: 聴き合う つなぐ 学び合う 2011
  • 佐藤学: 教師花伝書
無料ブログはココログ

« 予感 | トップページ | 二度の豆腐作り »

2012年1月22日 (日)

ミニ音楽会(授業参観)

昨日(21日)は、最後の授業参観でした。
朝から「開放デー」ということで、参観自由になっていましたが、低学年は3限目、高学年は4限目が「参観授業」と銘打たれて、「普段どおり」と言うよりはちょっと特別な授業を観ていただくニュアンスもありました。
それで、私のクラスはかねてより「ミニ音楽会」を計画、練習を続けてきました。
直前になって、私が予定外の通院などで丸々2日間休まざるをえなくなり、ちょっと練習が遅れましたが、まあ、なんとかやりきりました。
流行の女性アイドルグループのヒット曲を平易なハ長調に移して(それでも♯やら♭やらが後半に出てくるのですが)冬休みにいっぱい練習してくれたようで、しっかり演奏できました。
子どものすごいところは、まず記憶力と順応性ですね。
大人の感覚で「子ども扱い」ばかりしていると伸びる芽も伸びないのだと、あらためて感じました。
私たちは、彼らが伸びていく、伸びようとすることの支援者です。
「ここまでやらせたら、まあいい」
「これくらいしかできないだろう」
と軽々に決め付けてはいけないのですね。
ただし、伸びを保障する「時間」は必要です。

・・・関係ないことに話が向きました。
とにかく、ニミ音楽会は、父母だけでなく祖父母にも声をかけたこともあり、けっこうな聴衆を前にしてやらせていただきました。
私は電子キーボードで伴奏をしていました。据え置きのピアノだと、子どもたちとの一体感がないので、向き合って(指揮者のように)コンタクトをとりながら下手な伴奏を弾き続けました。
たくさん間違えました。

ずらずら~っと20曲余り。
最後の「夕やけこやけ」の歌声は、程よく疲れて力みの抜けた柔らかい響きがステキだなぁって、手前味噌ながら思いました。

終了後、体調が良くないこともあり、私はもうヘロヘロでしたが、次時の国語でも子どもたちのパワーは衰えず、なんか不思議なくらい話し合いにも熱が入っていました。
いやぁ、子どものパワーってすごい。

« 予感 | トップページ | 二度の豆腐作り »

授業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1353599/43831594

この記事へのトラックバック一覧です: ミニ音楽会(授業参観):

« 予感 | トップページ | 二度の豆腐作り »