フォト
2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

リンク

私の本棚

  • 石井順治: 聴き合う つなぐ 学び合う 2011
  • 佐藤学: 教師花伝書
無料ブログはココログ

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月31日 (火)

二度の豆腐作り

先日、子どもたちと豆腐作りをし、今日、また2度目の豆腐作りをしました。

一度目は、地域の豆腐店ご夫妻に来ていただき、あれやこれやと指示してもらいながらの作業でした。
ボランティアで保護者の方も5人参加して下さり、用の済んだ器具の洗い事など、テキパキと支援してくださいました。
それは、もう本当にありがたく(私が体調不良でろくに声が出なかったから、なおさら)、ことはスムーズに運んだのでした。
豆腐も(だいたい)上手くできて、豆腐店のご主人も思わず「美味い!」と叫んでしまうほどの濃厚で旨味たっぷりの手作り豆腐ができたのでした。

じゃあ、なぜ、今日、わざわざ2度目をしたのか、と言うと・・・・

 一度目は、そんなことでとてもスムーズに作業が流れ、スムーズ過ぎて、子どもたちが立ち止まって考えたり「ああだこうだ」と考え合う場面がほとんど無かったのです。
「自動的」に豆腐ができちゃった、という感じだったのです。
子どもたちが活動するとき、もちろん、終着点は大事ですが、そのプロセスこそがもっと重要です。
モノ・コトが進んでいく、その過程を子どもたちが共に体験しなければ行けません。
他者に引っ張られて、わけの分からないままに「上手くいった!」ということになってはいけないのです。

 1回目は、ともすると支援の手が多すぎて、子どもたちが「自分たちで豆腐を作った」という実感を持てないままに終わってたと、私は見てて思いました。
もちろん、プロの技を間近に見ることは貴重で刺激に満ちた時間でしたし、指示されながらもいろいろな活動はしていましたから、それはそれで大変有意義ではありました。
 しかし、これで「自分たちの豆腐作りはおしまい」とするには、ちょっとどうかと思いましたので、本日は、「今度は、君たちだけで作ってごらん。忘れたことはグループで思い出し合ったりしながら」と言いました。
 今日はゲスト・ティーチャー無し、私と子どもたちだけで取り組みました。
 もちろん、キケンな局面や、どうしても大人が手を貸す部分はあります。
 そういうときでも、しっかりと見させます。
「目にモノ見せる」ことはとても大事です。
 お手伝いの大人がいませんから、当然、作業も増えました。
 火加減、こげつかないようにオタマでかきまわすこと、温度計の注視、にがり投入後の観察などなど・・・(あっ、もちろん、昨日の夕方、大豆を水に浸けるところから子どもたちにやらせています)手順のほとんど全てを子どもたちが担い、熱湯の処理など危ないところだけ、私がするのを見せました。

 豆腐はうまく固まり、全体で5丁ほどでした(一人わずか3切れ)が、じっくりと味わっていただきました。
「おから」は、「また、これで何か作ろうね」ということで冷凍してあります。

 子どもが活動を自分のものとして引き寄せるにはお仕着せの「やらせ」ではダメです。
「やらざるを得ない必然的な場面」を設定してあげることが、私たちの支援なんですね。

2012年1月22日 (日)

ミニ音楽会(授業参観)

昨日(21日)は、最後の授業参観でした。
朝から「開放デー」ということで、参観自由になっていましたが、低学年は3限目、高学年は4限目が「参観授業」と銘打たれて、「普段どおり」と言うよりはちょっと特別な授業を観ていただくニュアンスもありました。
それで、私のクラスはかねてより「ミニ音楽会」を計画、練習を続けてきました。
直前になって、私が予定外の通院などで丸々2日間休まざるをえなくなり、ちょっと練習が遅れましたが、まあ、なんとかやりきりました。
流行の女性アイドルグループのヒット曲を平易なハ長調に移して(それでも♯やら♭やらが後半に出てくるのですが)冬休みにいっぱい練習してくれたようで、しっかり演奏できました。
子どものすごいところは、まず記憶力と順応性ですね。
大人の感覚で「子ども扱い」ばかりしていると伸びる芽も伸びないのだと、あらためて感じました。
私たちは、彼らが伸びていく、伸びようとすることの支援者です。
「ここまでやらせたら、まあいい」
「これくらいしかできないだろう」
と軽々に決め付けてはいけないのですね。
ただし、伸びを保障する「時間」は必要です。

・・・関係ないことに話が向きました。
とにかく、ニミ音楽会は、父母だけでなく祖父母にも声をかけたこともあり、けっこうな聴衆を前にしてやらせていただきました。
私は電子キーボードで伴奏をしていました。据え置きのピアノだと、子どもたちとの一体感がないので、向き合って(指揮者のように)コンタクトをとりながら下手な伴奏を弾き続けました。
たくさん間違えました。

ずらずら~っと20曲余り。
最後の「夕やけこやけ」の歌声は、程よく疲れて力みの抜けた柔らかい響きがステキだなぁって、手前味噌ながら思いました。

終了後、体調が良くないこともあり、私はもうヘロヘロでしたが、次時の国語でも子どもたちのパワーは衰えず、なんか不思議なくらい話し合いにも熱が入っていました。
いやぁ、子どものパワーってすごい。

2012年1月16日 (月)

予感

週明け、一気に来ました。

インフルエンザ。

我がクラスは、まだ、欠席ゼロですが、いきなり3クラスが明日から閉鎖となってしまいました。
いずれ我が学年にも侵攻して来るのでしょうか・・・。

今週は週末に休日参観が予定されていて、ちょっとした企画も準備していますが、これもどうなることか分からなくなってきました。

それにしても、今日の体育(2限目)は寒かったです。
しかし、子どもたちは元気ですね。
「手がかじかんで来た」と言いつつも、なわとびの練習に励んでいました。

2012年1月15日 (日)

1980年

特にネタもなく、休日なので昔話を・・・・・

大学を出たのが1980年の春でした。

実は、当時の私は高等学校の音楽教師を目指していて、某府県の採用試験では最後の3人まで残ったのですが、地元の試験では落っこちました(採用枠1人)。

それで、非常勤講師として、二つの高校を掛け持ちで週15時間の授業をしていました。

今だから言えるのですが、高校教師になって合唱部の顧問でもして、尊敬するU先生みたいに合唱指導でがんばろう、なんて夢を抱いてた頃でした。

80

2012年1月13日 (金)

寒い・・・・

今朝も寒かったです。

朝から、運動場での体育に備えてウィンドブレーカータイプのジャージを用意しようと捜したのですが、見つからず・・・・やむなく、タイツの上に普通のジャージを2枚重ねて寒さ対策して臨みました・・・というのは内緒の話です。

今日から外体育は「なわとび」です。

放課後は、指導要録電子化に伴う、入力方法の説明会などで時間が過ぎていきました。

ノートに目を通す時間が欲しい!

2012年1月12日 (木)

避難訓練

 今朝は、この冬一番の冷え込みでした。

 今日は、地震を想定した避難訓練。それも「いつ実施するかわからない」というものでした。
 こどもたちには「今日のどこかの時間で避難訓練があります」ということだけ伝え、とっさの場合にどういう行動をとればいいか瞬時に判断して行動しよう、ということを話しておきました。
 こういう場合(「いつ、するかわからない」)は、たいてい休憩時間にすることが多いのですが、今日も、もちろん、そうでした。
 このパータンにも、もう慣れたもので、大きな混乱もふざけた様子も無く、概ね粛々と行動できたようです。
「ようです」と言うのは、私は、校舎内のトイレや特別教室に居残っている子がいないか、確認しながら校舎外へ出る係なので、みんなより遅く集合場所に駆けつけたからです。全体的な避難の様子は見ていません。

 訓練には緊急地震速報の訓練用CDを使いました。
 そして「今回は津波の心配はない」と想定でしたが、「津波が来る」との想定だと、3階にみんなが上がることになります。かつて、そういうのも一度やりました。
 本当に津波警報が出たら、2キロメートルほど離れた高台までみんなで向かうことになります。
 そんなことがないように祈るのみですが、備えは万全を期すことが不可欠です。

2012年1月11日 (水)

寂しく悲しい報せを聞く

今日は昨日より寒かったです。
空気が乾燥してて、運動場は時折、砂嵐の様相でした。校舎内にもずいぶんと土埃が入り込んでいて、廊下など、遠めには表面が白っぽく見えています。
そして、インフルエンザの広がりも懸念される出席状況になっています。
私のクラスは、まだ、みんな元気ですが・・・。

冬休みが明けて早々に、悲しい報せが二つ相次ぎました。
二つの訃報ともに、学校に出入りしている業者さんですが、お2人とも、もう20年以上に渡って仕事上のお付き合いのあった方です。
寂しさを禁じえません。私も2年前に直腸ガンを切り、「10年生存率90パーセント」なんで言われました。他人事ではありません。

算数の授業では、九九のまとめをしつつ次へと進めています。
冬休み中に、本当に一生懸命覚えてきた子が誇らしげに暗誦している声は、本当にすがすがしく晴れやかでした。
かなり苦労したのでしょうね。でも、このうれしそうな顔と声は、だからこそ、こうして獲得できたのですね。

そして、明日から私がこの子たちと過ごす日数は、あと(休日を差し引いて)ちょうど50日間となりました。

2012年1月10日 (火)

学校再開

冬休みが終わり、学校が始まりました。

わがクラスの子たちはみんな元気。

始業前に教室に出向くと、たくさんの笑顔と明るい声に迎えられました。

昔で言えば「3学期」。

当地は2学期制なので「後期後半」の開始ということです。

1限目こそ集会をしたものの、あとはいつもと同じ。

国語、算数、生活と・・・12月から引き続いての授業に即突入しています。

ただし、午後の授業はカットしてありました。

さあ、もう、この子たちと共に学ぶ日々も50日余となりました。

時間の大切さを自覚しつつ、楽しく学び多い毎日を過ごしていきたいと心を新たにしました。

(ちょっと、「ありきたり」かな?)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »