フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

私の本棚

  • 石井順治: 聴き合う つなぐ 学び合う 2011
  • 佐藤学: 教師花伝書
無料ブログはココログ

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月15日 (水)

個別懇談会

梅雨明けも間近かと思われる猛暑の中、個別懇談会の一日目でした。

38人中、今日は16人。

近頃は、夏休みに入ってから実施する学校が多い中、うちの学校は昔ながら(?)の短縮期間(半死語)にやっています。

授業時間数確保とか、何かとウルサいご時世に、いいのかな?なんて、気にもなりますが、それは管理職の方が考えて下さったらいいこと。
私たちは清々粛々と仕事を進めるのみですね。

明日は12人。
明後日は10人。

子ども、保護者の立場に立った物言いに気をつけつつ、やっていきましょうか。

(やっぱり携帯投稿です)

2009年7月 9日 (木)

暑い一日

今日も暑かった。
その暑い中を市役所見学に出かけた。
片道、ゆっくり歩いて25分も、この時期にはなかなかハードであった。

市役所では冷房のよく効いた舎内を一通り巡り歩き、議場の中ではちょっと質問を受け、屋上から市内四方の様子をウォッチングした。
ここは風も心地良かった。
帰校後、昼からは水泳。
泳力を一人ずつ診る。
ほぼ一日、外仕事だったのでヒリヒリに焼けてしまった。

2009年7月 8日 (水)

ある研究授業で考えたこと

難しい状況を抱えている子、日ごろから何かを耐えている子、闘っている子は、上っ面だけの言葉や体裁だけを重んじた授業の虚像をすぐに見抜いてしまう。
そんな教室では、いや、とごの教室であっても、ブレのある教師の言葉や都合のよい言葉だけ拾おうとする教師に対して、時には、反旗を翻してくるものだ。

痛ましく、哀れな姿を曝すことよりも、その場の子ども達の声や表情が、無意識的には高みを目指しているのに、どんどん崩されていくことに、教師への同情なんてぶっ飛んだ。

「何、やってるんだ!」

とも言いたいほどに。

それにしても、恐ろしいものだ。
教師という仕事は。
何十年と経験を積んでも、その年数に比例して優れた授業ができるわけではない。
経験年数とその人の力とは全然関係が無い。

逆に、新採2年目で、驚くほどの「聴き合い、学び合い」が実現している教室もあった。

師匠の言うには、「どれだけ、自分の授業を振り返ったか、その経験値が大事」だと。

・・・今日、参加した小さな研究授業で、あらためて日々の授業づくりと教師のポジショニング(居方)の大切さを痛感した。

自戒!

2009年7月 4日 (土)

ログインできず!

いやあ、困りました。
最近、ログインできない状態が続いてます。
原因は分かりません。

当プログをはじめたときのアカウント情報も、なんとなくテキトウに設定しちゃって全然記憶にありませんし、パスワードも失念してしまい、もはや、管理ページに入る術はありません。

今も携帯投稿で記事アップしています。
携帯で長文入力はまどろっこしいので、パソコンから転送したものをコピーして貼り付けています。

さて、7月に入って水泳も始まり、日々、過ぎていく速度はますます加速している感じです。
あと2週間のうちにしなければならないことの多いことに驚きますが、2学期制度のため成績事務をしなくていいのが、せめてもの救いと言えば救いです。

その水泳ですが、113人が小さなベビープールにひしめき、まさに「○○を洗う」様相。
教師の指示に、けなげに耳を傾け、一生懸命、泳いでいます。

2009年7月 1日 (水)

電車三日目

自家用車が入院して、今日で電車通勤三日目です。

まあ、こうやって車内から投稿できるという良さもありますが、やはり時間の効率が悪いですね。


今日、初めての水泳でした。

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »