フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

私の本棚

  • 石井順治: 聴き合う つなぐ 学び合う 2011
  • 佐藤学: 教師花伝書
無料ブログはココログ

トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009年5月30日 (土)

Mさんを訪ねる

木曜、金曜の2日間、仕事の帰りに人を訪ねました。

いずれも前任校の時にひとかたならぬお世話になった方です。

28日の木曜日は農業を営んでみえるMさんの納屋を訪ねました。
想い出話や楽しいエピソードに花が咲きました。
ここではとても言えないような珍談・奇談も続出して、1時間半ほどがあっという間に過ぎました。

Mさんは、前任校で子ども達の「米作り」にと、田を提供して下さった方です。
有機米へのこだわりから、枯木や雑草、牛の糞尿などを肥料として手間隙かけて米作りをされていますが、隣家から「臭い」と苦情が来るような所では通常の化学肥料を使ったりもしています。
そして、そんな手間隙かけた有機米も「普通に」育てた米も区別することなく「無印」として一緒に出荷しており、「味もたいして違わないだろう」と言い放つ、その謙虚さと豪快さの入り交じったお人柄は大変魅力的です。

前任校ではMさんやMさんのお知り合いの皆さんに助けられて、楽しく充実した「米作り」の活動が出来ました。
それは、現在の勤務校では考えられないようなダイナミックな活動でした。

種籾の袋を一昼夜、薬に漬けるところ(「芽覚まし」)から始まり、籾蒔き、プールサイドでの育苗、その間に何度も田に出向いては土をほじくり返したり耕したり、そして代かき、田植え。
それが済むと、翌日からは水の管理で毎日バルブの栓を回したり苗の延び具合を観察したり・・・。
やがて生えてくる雑草を前に「農薬を使うか否か」の話し合い、害虫の駆除などなど、それらの活動を先回りすることなく子ども達と共に歩みながら、先の手立てをさりげなく準備してくれていたのがMさん達でした。
「水の管理」と言ってもどれくらい田に水を張ればいいのか分らない子ども達や私達のために、「このへんまで水を入れる」という目安の鉄板が田の片隅に設置されていました。
「田の真中あたりが見えない」という声を聞いてか聞かずか、田を十字に横切る手作りの通路が作ってあったりしました。
稲刈り、そして、その後の「はさかけ」、脱穀、籾擦り・・・と「米」の活動は続き、「稲刈りで終り」と思い込んでいた子ども達は、刈り取った藁と籾の山を前に、卒業間際まで「稲」と格闘したのでした。
そして、卒業も近づいた2月の下旬、「来年の米づくりのために」ということで、自分達の田に牛舎から頂戴した牛の糞尿を撒いて、ようやく一年間の「米作り」も終わるのでした。
その一連の活動は、どこも「学びの宝庫」とも言えるものでした。

「明日が田植え」という「しろかき」の一日は、まさに「一年で今日だけしかないお祭り」でした。
全身泥だらけの子ども達が畦に引き上げるとMさんのトラクターが登場し、ガガガーッと田を混ぜ返していく、あの爽快感。
いろいろと「学習内容」とか「追求」とかも大事なんですが、あの「体感」「感触」みたいなものに出会えるってことも「総合的な学習の時間」の存在意義だと思いました。

私が転勤した後も「米づくり」の活動は続き、餅米や古代米(黒米)を栽培したとの話も聞きましたが、英語活動が本格的に導入された今年、ついに「田植えと稲刈りだけ」の活動に縮小されてしまったようです。
いろいろと事情もあるでしょうが、寂しさを禁じ得ませんでした。単に「米作り」の実感、体感度が低下するだけでなく、田を中心に自然にできていたあの「人の輪」も消滅してしまうでしょうね。
私は、今でも忘れられない光景があります。田植えの朝、校舎の窓から田を見下ろすと、もうたくさんの人が「子ども達の田」の周囲に集まっていました。軽トラも数台。
朝の田はもやにうっすら霞んでいましたが、その部分だけが賑やかにうごめいているように見えました。
あのとき感じた晴れやかな気持ち。子どもも大人もワクワクして仕方なかった、あの心持ちを今でも懐かしく思い出します。
Mさんも多くは語りませんでしたが、楽しいお話の合間合間に、学校と距離ができたことの寂しさがにじんでいました。

Mさん75歳。
どうか、いつまでもお元気でお米作りに精を出されますように・・・。

2009年5月26日 (火)

校区探検

今日も暑かったです。

2限、3限と、社会科の校外学習(地域探検)に出かけました。
今日、歩いたのは住宅地。

同じ町内(同じ丁目)に4つの児童公園がありますが、どの公園にも「今日、初めて来た」って子がいたのには驚きました。
う~ん、3年生のはじめって、行動範囲、まだ狭いのかなぁ?

午後は歯科検査がありました。

そして子ども達を慌しく下校させて出張業務へ。
16時からの会議に参集した市内のたくさんの教師達、みなさん、いささかお疲れの様子。
そりゃそうですよね。
子ども達をバタバタと帰して、バタバタと駆けつけたのでしょう。みなさんも私と同じように。
そりゃ疲れますよ。

2009年5月25日 (月)

羽化

子ども達が持ってきたチョウの幼虫が先々週から先週にかけて次々とサナギになりました。

今朝、教室へ入ると、たくさん並んだプラスチック容器の中にモンシロチョウが6羽。

窓をいっぱいに開けて、放してやりました。

「バイバ~イ」と手を振る無邪気な子ども達。

小さい学年を受け持つと、こういう楽しい瞬間が一日に何度もあるのです。

2009年5月24日 (日)

友の会

昨夜は、前々任校時代の仕事仲間の集まり(宴会)だった。
毎年、その年に退職された方を招いてワイワイやるのが、ずっと続いている。
今年は全27名の参加だった。そのうち既に退職された方が13名(今年の退職メンバーお二人を含む)。
退職された皆さんにとっては、この会が楽しみで楽しみで仕方ないらしい。

それにしても、退職された方々のお元気なことには驚かされる。
皆、それぞれに何かといろいろあっただろうに、それでもなお、明るくパワフルに生きておられるお姿に元気をもらった。

また、昇任されて辺境の地に赴任された方の単身赴任奮闘記や職場ボスとの確執、気配りの難しさなども笑い飛ばしながらも切々と語られる、その内容はひとつひとつに重みがあった。
楽しい語らいは延々と続き、しこたま飲んだ筈なのに、二次会ではビールに加えてギョーザ、ラーメン、豚テキ、天津飯など若者顔負けのボリュームでオーダーし、豪快に食べまくった。

終電にかろうじて駆け込み帰宅した次第。

2009年5月21日 (木)

反省

昨日、修学旅行から帰ってきて、今日はいつも通りに出勤。

クラスの子達、特にふだんと変わりないですが、朝、教室に行くなり、あっちからもこっちからもいろいろと話しかけられて、誰が何を言ってるのだか全然分んない・・・。

で、昇降口でのちょっとしたトラブルの事を聞いたり旅行のお話をしてたりしたら、テストの時間が少し足りなくなってしまいました。2時間目の頭まで使うことにしました。

3年生の授業・・・・理科、社会をもう少していねいにしないといけないかな?って、ちょっと反省です。

2009年5月19日 (火)

修学旅行(一日目)

六年生の修学旅行に付き添って、無事に宿にいます。
特にトラブルもなく快適な旅行(今のところ)です。
留守にしてきた我が学級も、お利口さんで過ごしたとのことで何より。

明日も、いい日でありますように・・・。

2009年5月18日 (月)

出張前夜

今日は暑かったです。

胃腸風邪で二人の欠席がありました。

新型イン○ル○ンザではありません。

今日は、明日からの泊を伴う出張のための自習連絡と、その準備で忙しかったです。

そうそう、教室や廊下で飼育しているモンシロチョウの幼虫がどんどんサナギになっています。今日はアゲハの幼虫も仲間入りしました。

ホウセンカの苗も葉が増えてきて、教科書通りで行けば「もうじき植え替え」なんですが、学級園はあまりに狭く、ほとんど持って帰ってもらうことになりそうです。広い畑があればいいのですけどねぇ・・・・。

2日間、「やさしく」「助け合って」「(心の)スイッチの切りかえをちゃんとして」過ごすように話しました。

さて、どうなることやら????

2009年5月17日 (日)

在宅仕事

今日は、午後から出かける予定ですが、さっきまでいろいろと仕事をしていました。

明後日の火曜日から2日間、修学旅行の付き添いでクラスに担任不在となりますので、その連絡とか諸々を・・・。
学級通信を書いたりしておりました。
先日の授業参観のお礼、6月に予定されている研究授業のために日課変更があることや実習生受け入れのことなど。
それらと共に、今、学級で力を入れている「聞くこと」の指導についても少し触れました。
まあ、お便りであまり硬い話をしても無粋でありますから、ほどほどにですけどね。
「次回も懲りずにお読みください・・・」と、硬い話はあっさりと引き上げました。

2日間の自習態勢はほとんど出来ていますが、留守中、何事も起こりませんように・・・。

2009年5月16日 (土)

事始

こんにちは。
kazeと申します。
小学校の教師です。

本年度は3年生の担任をしています。
現在までの学級担任歴は以下の通りです。

2年生・・・2回
3年生・・・4回(今年度含む)
4年生・・・2回
5年生・・・9回
6年生・・・12回

残念ながら1年生と専科の経験が未だありません。
退職までの間に経験できるかどうか?

実は仕事関連のブログ開設は、これで3度目です。
前任校の最後の1年半ほどを綴ったのが最初で、その後、別会社のプログに移行しましたが、現在の学校に転任して間もなく辞めました。
私たちの仕事は、言わば毎日がドラマの連続。
記事ネタにはこと欠きません。
しかし、「守秘義務」があります。個々人のプライバシーは守らねばなりません。
どこの学校か、誰のことか等が特定されるようなことは避けなければなりません。
たとえ、善意の記事、ほほえましいエピソードであってもです。
そんなことを考えつつ、記事の書き方に頭を悩ましていたり、「これは書きたいけど、自分しか知り得ないエピソードが含まれるから・・・」とか考えていたら、もう記事を書くことに疲れてしまいました。
それで、過去のブログはいずれも中止しました。

そんな私が、ここで、あえてまた再開しようと思ったのはなぜか?

それは子ども達の姿です。

先日、自分のクラスの子ども達が体育をしている姿が窓外にありました。
(体育は専科教師に受け持ってもらっています)
教師の指示に、グランドのあっちこっちへと走り回る無邪気な子ども達。
夏を思わせる暑い日でした。
土埃もうもうと舞い上がる乾いた日でしたが、そんなことはお構い無しに、一心に全力で走り回る子ども達の姿を見ていて、こういうのはやっぱり宝物みたいな瞬間だと思いました。
私達は、発達し続ける子ども達のこのような稀有な日々に寄り添って仕事をしている・・・その特異性と素晴らしさ面白さ、難しさをあらためて思いました。

そんなことを考えているうちに、やっぱり無理ない範囲で、思うがままに書いていこうかな?って思いました。
誰も見てくれなくてもいい。「学校」というところに生きている私の息吹きがほんの一握りの人達にでも伝わり共感を頂ければ、と思いました。

最後に表明しておきますが、個人的な見解ですが、私は「習熟度別授業」や「取り出し授業」には、どちらかと言うと反対の立場ですし、「百マス計算」等も好きではありません。
授業づくりには研鑚を積んでいるつもりです。日々修行です。
「学びの共同体」「学び合う学び」に共鳴しています。その方向での授業づくりを目指しています。学校ぐるみで取り組んでいないのが辛いところですが・・・・。

本ブログは教育の議論の場ではありませんので、そういう類のコメントはご遠慮下さい。
議論をなさりたい方は別場所にてお願いいたします

トップページ | 2009年6月 »